肘・手首の痛み (腱鞘炎)

このようなお悩みはありませんか?

腱鞘炎イラスト

  • ペンで字を書くと痛む
  • フライパンや包丁を使うと痛む
  • ペットボトルの蓋を開けるときに痛む
  • スマートフォンの操作で痛む
  • キーボードを叩くと痛む

どうして腱鞘炎が起こってしまうのか?

女性イラスト

腱鞘炎になってしまう主な原因は大きく2つ

1.関節が動かしにくい状態に

筋肉が緊張状態で硬くなっていると痛めるリスクが高くなります。スムーズに動かせないのに無理をして使い続けてしまうと痛める原因となります。

ひどい首肩こりがある場合にも、症状が現れることがあります。

2.一部に負担の掛かる使い方になっている

手首や指の曲げ方・使い方によって、本来使うべき筋肉を使えておらず、1つの筋肉だけに負担がかかっていると、痛める原因となってしまいます。例をあげると、日常の家事(一部分の筋肉)で使っていると、捻れやズレをつくってしまい、手首や肘の曲げ伸ばしがうまくできなくなってしまいます。

墨田区のおむらい針灸整骨院では、細かな関節の施術も得意としています。

墨田区おむらい針灸整骨院では、肘関節や手首の関節のみや、
影響の出ている箇所のみを施術するのではなく、
構造上関係する箇所を全て丁寧に検査、鑑別し、
痛みを解消すると同時に関節の可動域や筋肉の
柔軟性も向上させていきます。
再発することの無いよう根本的な施術を心掛けております。

肘や手首の痛みでお困りの方は、是非ご相談ください。