肩こり・四十肩・五十肩

このようなお悩みはありませんか?

  • 肩こりからの頭痛がひどい
  • 目が疲れていて、しょぼしょぼする
  • 着替えができない、後ろに手をまわせない
  • 薬や湿布を使っているが効果を感じられない
  • 日に日に痛みが増してくる

肩こりについて

肩こりとは

肩こりは、デスクワーク、パソコン、スマートフォン、読書、編み物、ネイル、赤ちゃんの世話など、細かい作業や、長時間に渡って同じ姿勢をとり続けることなど様々な原因があるので人によって気をつけるべきことも違ってきます。

もちろん、大多数の人に共通するポイントもあるので、例えば、デスクワークなどで同じ姿勢をとりがちな人ならば、仕事や作業の合間に、肩甲骨を意識しながら肩をまわしたり、首を回すようにすることで肩こりを予防する対策になることもあります。

ご家庭の機器や自己流のマッサージは、その場しのぎの肩こり解消にはなるかもしれません。

しかし、表層の筋肉にしかアプローチができず、または刺激が強すぎて逆にひどくなってしまうケースも多くありますので、きちんと、治療を受けることをお勧めします。

肩こりの施術方法

おむらい針灸整骨院では、マッサージや整体などで解消しなかった肩こりでも根本解消します。

 

施術写真肩こりは主に首が長時間同じ姿勢で固定されることにより起こりますから、首のバランスを整えることが大切です。
まずは、マッサージや首周りのストレッチで筋肉の緊張をとりのぞきます。

さらに、ホットパックや赤外線治療器で温め、血行改善を促します。

症状が重く辛い方には即効性のある鍼治療もおすすめしています。
矯正によりしっかりと頸椎の位置を調整し、さらに肩こりの原因となりやすい僧帽筋へのアプローチと、それに付随する胸椎の調整も行っていきます。

だからこそ一時的な痛みやコリの緩和ではなく根本から肩こりを解消できるのです。

四十肩・五十肩について

四十肩・五十肩について

40代~50代の人特有の症状で「服が脱げない」「背中に手がまわせない」など、日常生活に支障をきたす大変厄介な症状です。

この症状のさらに厄介なところは、対処方法が「しっかりと動かすこと」ということです。

痛いのに動かさないといけない、というのはとても辛いことですが、大事にして自然と痛みが引くことはあっても、実際の肩の可動域は狭まったまま固まってしまいます。
固まったままでは運動障害が残る可能性があるので、適切な対処が必要です。

自己流ケアでは、どこまで痛みを我慢して動かせばいいのか判断つかないこともあるでしょう。
黒田区メディカル整骨院グループ(鍼灸院整体院併設)では、可動域を広げるための手技と、可動域訓練の運動のお手伝いをしていきます。

四十肩・五十肩の施術方法

施術写真肩甲骨は、肩を構成している多くの筋肉や靭帯とつながっており肩関節の動きの1/3は肩甲骨が関わっています。

痛みの程度を伺いながら、肩甲骨を少しずつ動かしていきます。
ストレッチのような心地よい痛さを感じてもらいながら可動域を広げていきます。

さらに細かい検査により、関節の前側が痛いのか、横が痛いのか、痛みの部位を絞っていき、細かい調整を施していきます。
また、家庭でできる体操のアドバイスも行っています。

放置しておくと大変なことに…!

肩こりがあると首の痛みや、眼精疲労、頭痛などの症状を引き起こすきっかけになります。
肩こりを原因とする様々な症状が出てくる前にメディカル整骨院グループ(鍼灸院整体院併設)にお越し下さい。