捻挫・肉離れ

このようなお悩みはありませんか?

  • 捻挫で何度も同じ箇所を痛めたことがある
  • 痛めた箇所が痛く、歩くことがツライ
  • 捻挫、肉離れから早期に回復したい
  • 専門家の適切な治療が受けたい
  • 痛みで仕事に支障をきたしている

捻挫・肉離れの起こる原因

施術写真肉離れとは、伸びている筋肉に急激な負荷がかかることによって筋肉が強く収縮することによって生じる筋肉の断裂障害です。
「筋断裂」、「筋損傷」などの名称があり、スポーツをしている際に特に起こりやすい症状になります。

ふくらはぎや太ももなどの身体を支えるために大きく強い筋力を持っている脚の筋肉等が、伸び縮みをしている際に自分が出した筋肉の負荷に耐えることが出来ず、部分断裂を引き起こすこと場合もあります。

身体を前面と後面に分けてみると、お互いに拮抗しあいバランスが取り合っている筋肉が多く存在します。

筋肉の柔軟性の低下、筋力低下、筋肉疲労などによって、この前後の筋肉のバランスが崩れると、捻挫・肉離れの怪我を起こしやすくなります。

捻挫・肉離れの施術方法

おむらい針灸整骨院の捻挫・肉離れ治療は、基本的なRICE処置に始まります。

包帯固定やテーピング固定、また症状の経過に合わせ筋肉や靭帯のズレやバランスを整える事で、捻挫・肉離れの早期回復に繋げていきます。

早期に適切な治療をおこなうことで、患部がゆがんだままのバランスの崩れた状態で固定されてしまう事を防ぎ、また、症状の回復が遅れることを防ぎます。

また、当院では医療機関と連携関係を結んでおり、怪我をされた患部の状態を連携先の医療機関で精密検査していただくことも出来ます。

医療機関との連携体制が整っているので、患者様お一人お一人のお身体の状態に合わせて最も良い治療の提案をさせて頂くことが出来ます。

RICE処置について

R:Rest(安静)

Ice:冷却

患部の修復、リハビリにかかる時間を減らすために、スポーツの制限などによって患部の安静を保つ

I:Ice(アイシング)

Ice:冷却

患部の冷却によって痛みの減少と、血管の収縮による炎症のコントロールを行う

C:Compression(圧迫)

Compression:圧迫

患部の適切な圧迫と固定によって患部の安静を図る

E:Elevation(拳上)

Elevation:拳上

患部を心臓より高い位置に拳上することで、腫れや炎症のコントロールを行う

早期回復のために

おむらい針灸整骨院では、捻挫・肉離れの早期回復を目指すだけでなく、完治後の日常生活における動作やスポーツのパフォーマンスを低下させない事も心掛けております。怪我をした患部の周辺部分の関節や筋肉についても適切な施術を行っております。

また、当グループには一流のスポーツ選手の外傷のケアを行っているスポーツトレーナーも在籍しております。

専門知識を持つ身体のスペシャリストがお一人お一人のお身体の状態に合わせた施術を行わせていただきます。

どんな些細なお悩みでも、おむらい針灸整骨院までお気軽にご相談ください。